string(7) "sVivere"
The Renon cable car with the beautiful snow-capped Dolomites in the backgroundDetail of the Renon Cable Car

3つのロープウェイ

ボルツァーノは、標高265メートルに位置し山に囲まれた盆地に広がっています。3台のロープウェイのおかげで、街から数分で澄み切った、冴え渡る空気に浸ることができ、日当たりの良い高原や魅惑的な森のあるサン・ジェネジオとレノン高原、そして、コッレへ簡単に赴くことができます。標高1000mから1400mの間を、青々とした牧草地を横切り、森林の香りを胸いっぱいに吸い込みながら、ドロミテの見事な景色を堪能することができます。

コッレのロープウェイ

コッレのロープウェイの旅は、まるで過去へタイムスリップするような感じです。というのも、このロープウェイは、人を運ぶ世界で一番古いロープウェイで、観光の大きなチャンスになることを予想したボルツァーノのレストラン経営者であったヨーゼフ スタッフラーによって実現されました。開業1908年6月29日ということで、既に100年以上が過ぎています。20世紀初めに作られたオリジナルを複製したゴンドラが、コッレ山頂の駅に展示してあり訪れる価値があることは言うまでもありません。

レノン

ボルツァーノとレノン高原のソプラボルツァーノを結ぶ新しいロープウェイは、4分毎に運行しており、国際的な高いレベルの公共交通機関のモデルとなっています。ソプラボルツァーノからは、レノン登山列車を利用し、高原を移動することができます。登山列車はソプラボルツァーノとコッラルボを結んでいます。広大な草原やアルプス独特の農家のマーゾ、美しいドロミテの遠景を眺めることが出来るレノン鉄道での旅は、楽しい体験の1つになることでしょう。

ww.renon.com

サン・ジェネジオ

サン・ジェネジオの集落と向かい合うモンゾッコロ高原からは最も素晴らしいカティナッチョの風景がご覧になれます。サルトの森から、夕日が沈む時、ドロミテ山塊が真っ赤に染まる光景は決して忘れることはできないでしょう。

www.jenesien.net